漢方の病気の捉え方

漢方では、病気は全身の働きのゆがみと捉える。

医師がゆがみを見ることは、一般病院でいう診断である。

それが「証」である。

その証に基づいて漢方薬が処方される。

医師が「証」を見るときの観点:「陰・陽」「虚・実」など。

参考にした本:NHKきょうの健康 漢方薬事典


今朝の血圧:上114 下76
体温:36.5度

車外の気温はマイナス6度
天気:晴れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA