漢方の陰陽虚実

漢方独特の病気の捉え方として、「陰・陽」「虚・実」などがある。

「陰陽」は病気に対する反応の性質。

「虚実」は体力や病気に対する抵抗力・反応を表す。

陰は反応が低下した状態、陽は反応が活発な状態。

虚は体力がない状態、実は体力が充実した状態。

例として
陰:寒がりで厚着を好む・体温が低め・便臭が弱い・薄い色の尿が頻繁にでるなどがある。

陽:暑がりで薄着を好む・体温が高め・便臭が強い・尿の色が濃いなどがある。

虚:きゃしゃな体格・気力がない・疲れやすい・下痢しやすいなど。

実:がっちりした体格・気力がある・疲れにくい・便秘しやすいなど。

参考にした本:NHKきょうの健康 漢方薬事典


今朝の血圧:上110 下75
体温:36.3度

車外の気温:マイナス6度
天気:晴れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA