エアコンクリーニングの相場を調べる前に

相場

エアコンクリーニングの相場を考える前に、汚れ具合・状態を観察することから始めると良いかもしれません。

毎年依頼しているお宅、今まで一回もクリーニングしたことがないお宅、それぞれどのような業者が向いているのでしょう。

業者にもピンからキリまであり、エアコンの状態もピンからキリまであります。

うまくマッチする選択をおこないましょう。

 アルミフィンにかなりの埃や汚れが、ファンにも相当な汚れがあり、梅雨時になるとかなりカビ臭がするなら有名・無名にかかわらず、料金は考えずに実績のある業者を選んだほうが良いでしょう。

汚れがひどいということはそれなりの洗浄技術が必要だからです。

エアコン内部はカバーを外しても見えない部分が多いため、経験や長年の勘で汚れを見極める必要があります。料金は1万円~1万3千円でしょう。

エアコンを購入してから2~3年しか経っていないが、そろそろクリーニングを頼んでみようかしらなどと軽い気持ちなら、損害保険に加入済みであることを確認したうえで安い料金の業者に依頼してみるのも良いでしょう。料金は5千円~1万円でしょう。

20~30年近く使用しているエアコンでは、故障と隣り合わせな状態ですから、メーカーや電気系統も見られる修理可能な業者を選んだほうが良いでしょう。料金は1万5千円を超えてしまうでしょう。

エアコンは電化製品だからメーカーや電気工事ができる業者を選ぶべきだと考えることは間違いではないが、次のように考えることもできます。

掃除に関しては掃除屋のほうが上。もちろん掃除屋にもピンからキリまで存在するが、洗剤の扱いや洗浄・すすぎ・養生等をよく理解し、うまくこなすのはこちらのほうが上の場合が多いのではないでしょうか。

掃除は簡単そうで難しい。多分、多くの方がそう考えていると思います。

その難しいことをサービスとして業としておこなっているのですから、その部分をプロとしてみることは重要ではないでしょうか。

掃除屋にエアコンクリーニングを依頼すると1~2名のスタッフがやって来て、作業時間は1~3時間。

ガソリン代・作業代・消耗品代込みで8千円~1万3千円程度。

一般家庭から見れば、こちらの掃除屋のほうが明らかにハードルは低いでしょう。

中には5~6千円で対応する業者もあります。

料金が安いからといってダメな業者というわけではない。

業者それぞれの利益の考え方があります。

エアコンクリーニング業を始めたばかりで、たくさん経験して早くうまくなりたいという理由で安く料金を設定する。

そしてうまくなってから料金を上げていく。という業者はあるでしょうし、副業でやっている業者もあるでしょう。

エアコンクリーニング料金の相場はあくまでも一般的なケースの場合であって、それぞれに必要とされる手段があると考えます。

ほとんどの業者の場合、メールや電話でのお問い合わせは無料でしょうから、自分のエアコンに合ったクリーニングをしてくれる業者はどこなのかをうまく見極めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA