強接着コロコロの使用感

コロコロ粘着テープ

自分の部屋のカーペット掃除には普段は掃除機派の私ですが、テレビを見ながら・音楽を聴きながらなど、リラックスした気持ちで掃除をしたいときにはコロコロを使用します。

すぐに取り出せ、すぐに片付けられるちょこっとの掃除にはとても便利です。

いつでも気軽に簡単に使用できるメリットは大きく、そのようなメリットが部屋をきれいに維持できる要因の一つです。

知人の部屋を訪れた時に、もしもコロコロが置いてあったなら『普段から部屋をきれいにしているのかな』と感心してしまうところです。

私も休日は何もせずゆっくりしたいと思うときには、前日の平日の夜のうちにコロコロしています。

音が出ないので夜間でも使用できるのがいいですね。

コロコロはたくさんの店舗で売られており、どれも似たような感じと思われます。

しかし値段は3巻のスペア200円~1000円程度で幅があります。

私は今までどんなコロコロでもそれ程変わりわないと感じていたので、ホームセンターなどで売られている安いモノを使用してきましたが、剥がしにくさ・手が汚れやすいといったイライラを軽減させるために、今回はニトムズの高価コロコロをウエルシアで購入しました。

3巻入りで税込み861円でした。

1巻あたり287円程度です。

1巻あたり60周ありますので、一周の料金は約4.78円です。

一見みると安いように感じますが、2周使えば10円ほどになりますから何枚も剥がしながらコロコロする方にはそこそこの出費になります。

そんな高価コロコロの使い方はこのような感じです。

特徴として剥がすところにオレンジ色のラインが入っています。
ほとんどの場合、ここのラインできれいに剥がすことができます。(まれに失敗することも)
コロコロを使用

めくるところも汚れるため、めくるたびの手も汚れやすいです。
このことについてはどんなコロコロでも同じですね。
汚れ方

下図のように床に押し当てながら剥がすと簡単です。
コロコロを剝がす

使用感としてはさすが強接着といったところです。

安い物ですと1~2回前後しただけで粘着が弱まりますが、これはある程度の粘着力を維持し続けてくれます。

商品自体は使いやすくいいモノだと感じました。

しかし、3ロールで2~300円くらいの安いコロコロをホームセンターなどで見ますが、価格はそれらの約3倍です。

果たしてこんな高価なコロコロは私に必要かどうかというのが正直なところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA