私の茂木和哉の使い方

お風呂の掃除

私はカビがとにかく嫌いですが、掃除も嫌いです。

でも、お風呂は毎日使うもので、どうしてもカビや水垢が気になってしまいます。

いろいろ洗剤を買い替えては試したりしてきたのですが、なかなか落ちないので苦労していました。

どうにか楽にきれいにできる万能なお風呂用の洗剤がないものかといろいろ探していました。

そんな時に知ったのが、『茂木和哉』という洗剤でした。

はじめて使ってみて、本当にビックリ!

お風呂をピカピカにすることが出来ました。

茂木和哉のうまい使い方は要所要所で使用すること

私の使い方のコツは、まず初めにシャンプーやボディソープのボトル・浴槽・椅子、桶、鏡にくっつけているもの等を茂木和哉ではなく、よくある市販のお風呂用の洗剤(我が家はお風呂のルック)で、簡単にスポンジで掃除し、外に出します。

使うスポンジは傷がつきにくい、というものです。

次に床を床用ブラシで簡単にこすります。

ここまでは市販のお風呂用の洗剤を使用しますが、ここから『茂木和哉』を使っていきます。

茂木和哉に使うスポンジは、私はキッチン用のメラミンスポンジです。

私が使っているものは、表面傷をつけないメラミンスポンジです。

お風呂のカビの大敵は擦りすぎることによって表面に傷をつけ、カビに住みやすい空間を増やし、逆にカビが落ちない状況を作り出しているとTVで観ました。

それからは、なるべく傷のつきにくいスポンジを使うようにしています。

まず鏡全体を濡らします。

茂木和哉をメラミンスポンジに少量つけ、あとはひたすら擦っていきます。

力を入れることはなく、軽くこする感じです。

この使い方のコツは腕力の力で汚れを落としていくのではなく、茂木和哉の洗剤の力で落としていくことです。

全体を擦ったら、白くなります。

あとは水で流すだけです。

私が初めて使ったときは、長年蓄積された水垢がひどく、一回ではピカピカまでにはならなかったので、二度、こすって流しました。

こまめに掃除していけば、一度で驚く効果がみられるかと思います。

蛇口等のステンレス部分も同様に、メラミンスポンジに少量つけ、擦り、水で流していきます。

後は、水垢が気になる部分を、コツコツ擦っていきます。

椅子の底・洗面器・床の溝・浴槽のふたの角などは我が家では結構水垢気になります。

市販のお風呂用の洗剤ではまたすぐにカビ出てきてしまいますが、茂木和哉を使用した方が、カビの出てくるのも少し遅くなる気がします。

最後、スポンジに茂木和哉をつけ、シャワーヘッド・手すり等をこすって流します。

そして、最後は50度のお湯で約90秒全体を流します。

そうすることでカビを根元から退治できるそうです。

鏡もピカピカ、蛇口のステンレスもピカピカ、赤カビもなくなり綺麗になります。

毎日これだと疲れてしまいますし、茂木和哉は2200円と洗剤の中では価格も高いので、私は月に一度だけこの掃除法をやるようにしています。

東京都の30代女性

東京都の30代女性の体験談でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA